ハンドベインの原因と予防にはどのようなものがあるでしょうか?

ハンドケア

手は年齢が出やすいといわれますが、その大きな要因となるのが血管が浮き出てしまう状態。とくに30代後半以降の男性に目立ちますが、女性も20代後半くらいから表れるようになります。これが目立つようになると肌の滑らかさや透明感が失われてしまうだけでなく、一気に老けて見られるようになってしまいます。いくらスキンケアで若々しさを心がけても食事の際や電車でつり革に掴まる時などに手の血管が目に付いてしまうと実年齢がバレてしまいやすいのです。

 

この手に浮き出る血管のことを「ハンドベイン」と言います。そのおもな原因は老化で、ターンオーバーの乱れ、コラーゲン・エラスチンの減少などによって皮膚が薄くなっていくことで血管が浮き出るようになってしまうのです。さらに女性の場合はホルモンの影響も深く関わってきます。30代半ばを迎える頃から女性ホルモンの分泌量の減少が目立つようになり、先に挙げたコラーゲン・エラスチンの減少や新陳代謝の乱れの原因となってしまうのです。

 

大きな原因として紫外線も挙げられます。手は紫外線に晒されやすい部分のため、長年浴び続けることで老化が進んでいきます。光老化とも呼ばれますが、これによって加齢による老化が加速してしまうのです。

 

水仕事を多くする人やもともと乾燥肌の人は肌荒れのダメージも大きな要因となります。炎症を起こしやすい皮膚はキメが粗く、新陳代謝が乱れやすくなります。その結果皮膚が薄くなり、血管が浮き出やすくなるのです。また炎症を起こしやすい不安定な肌環境は老化を進行させてしまうとも言われています。

 

こうしたハンドベインの原因を踏まえたうえで予防・対策を行っていく必要があるのです。まず老化の大敵となる紫外線と乾燥対策。そして抗炎症対策など肌荒れの改善もポイントとなるでしょう。日々の生活の中で原因が積み重なっていきやすいため、予防・対策も日常生活の中でこまめに行っていくことが求められます。顔は若々しいのに手は老けている、などと思われないようにしたいものです。

口コミ評価の高いおすすめハンドクリームベスト5は?

手の血管が浮き出る「ハンドベイン」の原因と予防・対策は関連ページ

ハンドケアと老化
手はなぜ年齢が出やすいのでしょうか? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
手の紫外線対策
手の紫外線対策にはどのようなものがあるでしょうか? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
手荒れと洗い物
洗い物をする時に手を傷めない方法とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
手荒れしない洗い方
手荒れしない上手な手の洗い方とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
ハンドクリームの使い方
ハンドクリームの上手な使い方とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
化粧水・乳液の選び方
化粧水・乳液の上手な選び方とは? ハンドクリーム選びのポイントと人気ハンドクリームの特徴と実際に使ってみた口コミと感想を掲載しています。
手のマッサージの方法
老化を防ぐ手のマッサージの仕方とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
指の部分痩せの方法
指の部分痩せの方法とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。