手はなぜ年齢が出やすいのでしょうか?

ハンドケア

手は年齢が出やすいといわれています。顔がとても若々しい人も手にシワがあったり、血管が浮き出ていることで実年齢がバレてしまうとも言います。一般的に手は顔より10年早く老化が進むと言われています。

 

手はどうして年齢が出やすいのでしょうか?とくに20代後半から30代前半にかけて老化が進行しやすく、顔の印象とのギャップが大きくなっていきます。顔はまだまだ若く見えても手が実年齢以上に老けて見えてしまうことも多くなります。

 

こうした顔と手のギャップを防ぐためにはハンドケアと老化についてよく踏まえておく必要があります。手が老化しやすくなる理由を踏まえたうえで適切なハンドケアを行っていく必要があるのです。まず皮膚が薄いこと。目元や口元に象徴されるように、皮膚が薄いところは乾燥や血行不良など肌の衰えが表面に出やすいのです。とくに25歳を過ぎる頃から乾燥が加速していきます。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分が失われることで表面から弾力やハリ、柔らかさが失われていくことでゴツゴツした感じになってしまうのです。

 

また刺激を受けやすい点も年齢が出やすい理由です。女性の場合はとくに水仕事によるダメージが大きく出ますが、ほかにもシャワーや洗顔によるダメージも見逃せません。シャンプーや洗顔料が顔や頭皮にもたらす刺激がよく指摘されますが、それと同じことが手にもいえるわけです。刺激の点では紫外線のダメージも見逃れません。手はどうしても使用する部分ですから、日焼け止めをしっかり塗ったり、外出時に常時手袋で日差しを遮るというわけには行かず、紫外線に晒されやすい環境にあるからです。

 

こうした年齢が出やすい要因を把握したうえで適切なハンドケアが求められます。やはり保湿が第一、その上で水仕事の際にはゴム手袋を使用する、こまめにハンドクリームでケアするといった細かな対策が求められます。面倒に思わず実践していくことが手の若々しさを保つポイントとなるでしょう。

口コミ評価の高いおすすめハンドクリームベスト5は?

手はなぜ年齢が出やすい?ハンドケアと老化について関連ページ

ハンドベイン
ハンドベインの原因と予防にはどのようなものがあるでしょうか? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
手の紫外線対策
手の紫外線対策にはどのようなものがあるでしょうか? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
手荒れと洗い物
洗い物をする時に手を傷めない方法とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
手荒れしない洗い方
手荒れしない上手な手の洗い方とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
ハンドクリームの使い方
ハンドクリームの上手な使い方とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
化粧水・乳液の選び方
化粧水・乳液の上手な選び方とは? ハンドクリーム選びのポイントと人気ハンドクリームの特徴と実際に使ってみた口コミと感想を掲載しています。
手のマッサージの方法
老化を防ぐ手のマッサージの仕方とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
指の部分痩せの方法
指の部分痩せの方法とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。