手荒れしない上手な手の洗い方とは?

ハンドケア

ハンドケアも洗顔と同様、肌を傷めないように気をつけながらケアしていく必要があります。また洗顔以上に外部からの刺激に晒されやすい面もありますから手荒れを起こさないための工夫も必要です。

 

手荒れを起こしやすい人は化粧水をうまく活用しましょう。洗顔後に化粧水で皮膚から水分が失われないようにフタをするのと同じです。とくに高価な製品を使用する必要はありません。1000円未満で購入できる製品も多いですから、量をたっぷり使えるものを選びましょう。

 

また、洗う際にはいきなり石鹸をつけるのではなくぬるま湯に手を浸しましょう。石鹸の泡立ちをよくするためにお湯で濡らしている人は多いと思いますが、ぬるま湯に浸すことで手の皮膚を柔らかくすることができます。そうすることで泡が毛穴の奥までしっかりと入り込んで汚れを落としやすくなります。泡立ちがよく、汚れが落ちやすくなればなるほど洗うときの摩擦の刺激が少なくなりますから、忘れないようにしましょう。

 

最後にハンドクリーム。ベタつくのが苦手で使っていない人も多いかもしれませんが、できるだけ使いように心がけましょう。サラサラした使い心地の製品も多いのでいろいろと探してみるとよいでしょう。ハンドクリームを塗る時のポイントはまず手の平にとってからよく温めること。これは顔のケアと同様、皮膚と同じ温度にまで温めることで浸透性を高めることができるからです。

 

ここまでは洗顔にも共通する基本的なケアです。それでも乾燥や手荒れがひどい人はラップを使ってみましょう。基本的なケアを終えた後にラップで手を巻くことで有効成分がさらに浸透しやすくなります。ラップの上に蒸しタオルをさらに巻くのも有効です。手間がかかると感じる人も多いかもしれませんが、それも洗顔と同じ。ハンドケアにもそれなりの手間が必要なのだと割り切った上で日々の対策をしっかりと行っていきましょう。そのうえで洗い物をする際にはゴム手袋をするなど、肌を傷めない対策を心がければ手荒れしらずの綺麗な手を維持できるはずです。

口コミ評価の高いおすすめハンドクリームベスト5は?

ハンドケアも洗顔と同じ!手荒れを起こさない洗い方関連ページ

ハンドケアと老化
手はなぜ年齢が出やすいのでしょうか? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
ハンドベイン
ハンドベインの原因と予防にはどのようなものがあるでしょうか? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
手の紫外線対策
手の紫外線対策にはどのようなものがあるでしょうか? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
手荒れと洗い物
洗い物をする時に手を傷めない方法とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
ハンドクリームの使い方
ハンドクリームの上手な使い方とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
化粧水・乳液の選び方
化粧水・乳液の上手な選び方とは? ハンドクリーム選びのポイントと人気ハンドクリームの特徴と実際に使ってみた口コミと感想を掲載しています。
手のマッサージの方法
老化を防ぐ手のマッサージの仕方とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。
指の部分痩せの方法
指の部分痩せの方法とは? ハンドクリームを2倍効果的に使う方法など知っておきたいハンドケアの方法を紹介しています。