ハンドケアQ&A記事一覧

手は年齢が出やすいといわれています。顔がとても若々しい人も手にシワがあったり、血管が浮き出ていることで実年齢がバレてしまうとも言います。一般的に手は顔より10年早く老化が進むと言われています。手はどうして年齢が出やすいのでしょうか?とくに20代後半から30代前半にかけて老化が進行しやすく、顔の印象とのギャップが大きくなっていきます。顔はまだまだ若く見えても手が実年齢以上に老けて見えてしまうことも多...

手は年齢が出やすいといわれますが、その大きな要因となるのが血管が浮き出てしまう状態。とくに30代後半以降の男性に目立ちますが、女性も20代後半くらいから表れるようになります。これが目立つようになると肌の滑らかさや透明感が失われてしまうだけでなく、一気に老けて見られるようになってしまいます。いくらスキンケアで若々しさを心がけても食事の際や電車でつり革に掴まる時などに手の血管が目に付いてしまうと実年齢...

ハンドケアで注意が必要なのが紫外線対策です。肌のシワやたるみ、むくみ、あるいは血管が浮き出るハンドベインは老化が大きな原因ですが、紫外線はその老化をもたらす最大の原因のひとつなのです。紫外線によって活性酸素が発生し、老化を進めてしまうだけでなく乾燥の原因となります。そのためハンドケアでは保湿対策だけでなく紫外線対策もしっかり行うことが欠かせないのです。しかしなかなか難しいのが手の紫外線対策です。他...

荒い物、水仕事は手を傷める最大の要因です。女性にとっては頭の痛い悩みでもあります。だからといって水仕事をしないわけにはいきませんし、手が荒れてしまうのを諦めるのも残念です。そこで日々の生活の中でなるべく手を傷めないやり方で洗い物を行っていきたいところです。では手を傷めない洗い物時の注意点とはどのようなものなのでしょうか。まず素手で直接水や洗剤と接する機会を減らすこと。それにはゴム手袋の利用がおすす...

ハンドケアも洗顔と同様、肌を傷めないように気をつけながらケアしていく必要があります。また洗顔以上に外部からの刺激に晒されやすい面もありますから手荒れを起こさないための工夫も必要です。手荒れを起こしやすい人は化粧水をうまく活用しましょう。洗顔後に化粧水で皮膚から水分が失われないようにフタをするのと同じです。とくに高価な製品を使用する必要はありません。1000円未満で購入できる製品も多いですから、量を...

ハンドクリームはハンドケアの中心となるものです。そのため自分に合ったハンドクリームを適切な使用できるかどうかでハンドケアの成果に大きな差が出てきます。とくに難しいのがハンドクリームの使い方です。とくに何も考えずに手を洗った後に塗布している人も多いはずですが、ちょっとしたコツや注意点を踏まえておくことでその効果や有効成分をさらに引き出すことができます。まず基本的な条件となるのが適量を守っておくこと。...

手荒れを防ぐためには手の保湿対策が重要です。保湿はスキンケアの鉄則ともいえるものですが、外気に触れやすく、水仕事などで乾燥しやすい手の場合はとくに重要なポイントとなるからです。そんな手の保湿対策の鍵となるのが化粧水・乳液の選び方です。フェイスケアと同様、しっかりと肌にフタをして水分が逃げないようにしつつ水分を補える製品を選ぶことが第一です。まず肌質に合ったものを選ぶこと。当たり前のように思えますが...

人は手先で年齢がわかると言われます。ある意味顔以上に年齢がでやすく、しかもごまかしにくいのです。いくらメイクやスキンケアで顔を若く見せても手で年齢がバレてしまうことも少なくありません。手の老化の原因は2つ、血行の悪化と乾燥です。乾燥はハンドクリームなどでケアすることができますが、血行不良はなかなか難しく、改善できないまま老化を進めてしまうことが多くなります。そんな難しい老化のケアに役立つのがマッサ...

ハンドケアの基本は美しく滑らかな肌づくりですが、もうワンランク上のケアを目指したい場合には指痩せも目指してみましょう。いくら肌をキレイにしても太くてゴツゴツとした指先では魅力的には移りません。見た人が触れてみたい、触れて欲しいと思わせるような指の部分痩せを目指してみましょう。そんなことを言われても本当に指痩せは可能?指の部分痩せの方法なんてあるの?と疑問に思う人もいるでしょう。お腹や脚に比べても指...